不妊ブログ

不妊セミナーってどんなもの?#06

スポンサーリンク

こんにちは、又造またぞうです。

ブライダルチェックの結果も無事に確認し、いよいよ不妊治療がスタート。

治療を進める前に不妊治療セミナーに参加しましたので、今回はそのお話です。

不妊治療へ進むまでの心の準備期間

医師から時間が貴重であると指摘されていたにも関わらず、不妊治療に進むまでに2ヵ月以上の期間が空いてしまいました。

ブライダルチェックの結果を確認して少し安堵してしまい(決して安堵できる内容ではないのですが)、新しい生活・新しい職場に重きを置いた結果、不妊治療は二の次になっていました・・。

この時、私は

  • 仕事との両立はできるのだろうか
  • もしかしたらこのまま自然で妊娠できるのではないだろうか

という2つの思いがありました。

仕事との両立

仕事を始める際に、パートかフルタイムか悩んだのですが、備えあれば憂いなし・・ということで、フルタイムの仕事を選択。

休日をうまく使って、何とか不妊治療と仕事を両立できるだろうと思っていました。

この時は、病院へ行くタイミングは自分で決められると思っていたのですが、これが大きな間違いで、不妊治療は月経周期によって来院のタイミングが決まる(医師からの指示)とは思っていませんでした。

痛恨のミスです。よりによって、働き始めた職場で早退・遅刻・休みを繰り返すという窮地に追い詰められることになるとは思いもしていませんでした。

またぞう
またぞう

残念ながら私が住んでいる地域は夜間診療してるクリニックが無かったんだよね・・。受診するには、必ず仕事の時間を調整しなくてはならないというジレンマ・・・

結局、1年と数か月後に仕事を辞めるという悲しい結果になりました。治療の長期化と、流産を経て下した結果です。

仕事と不妊治療の両立は本当に難しいです。両立して頑張っている方々、本当に素晴らしいです。

捨てきれない自然妊娠への淡い期待

自然妊娠が出来るのではないだろうかという淡い期待は、正直今でも持っています。

またぞう
またぞう

もしかしたら、治療しなくてもこのまま妊娠できるんじゃないの?治療始める前に妊娠したりして・・・

この時も、もしかしたら治療は必要ないのではないかという思いに駆られましたが、相変わらず妊娠する気配が無く、また夫とスケジュールが合わないこともあり、このまま待っていたら取り返しがつかなるかも・・・と思い、治療へ進むことを決意します。

このことは結果として、後悔しないための最善の選択だったと思っています。

この約2ヵ月ほどの期間は、不妊治療へ進むための心の準備期間になりました。

不妊セミナーは受講必須!

私が通院しているクリニックは、不妊治療へ進む前にクリニックが開催しているセミナーへの参加が必須でした。

不妊治療専門のクリニックでは、このようにセミナーを開催しているところが多いですよね。

施設にもよりますが、基本的には通院していない人も参加できますので、病院の方針や、不妊治療について知りたいという人にはとても良い機会になりますので、参加されることをお勧めします。

参加費用は無料の施設が多いので、この点も気軽に行けるポイントですね。

施設によって内容・開催タイミングなど異なりますので、必ず事前に確認してから予約を取りましょう!

不妊セミナーの内容

不妊セミナーは、約2時間ほど行われました。

セミナー参加者は予想よりも多く、15~20名程が参加しており、ご夫婦で参加されている方、一人で参加されている方もいらっしゃいました。

ざっとですが、以下がセミナーの内容になります。

  • 不妊について
  • 不妊の原因について
  • 不妊の検査内容
  • 治療内容・スケジュール
  • 妊娠しやすい身体づくりについて
  • クリニックのシステムについて
  • 費用について
  • 質疑応答

施設によって内容は様々かと思いますが、恐らく上記と似たような話をされるのではないでしょうか。

身体についての基礎知識や、不妊の原因となりうるもの、不妊の治療・検査内容などの一般知識、また施設案内・料金などの話を担当のスタッフの方(看護師や受付)がそれぞれ説明して下さいました。

施設によっては、セミナーのコースがいくつか分類されている所もありますが、私が通院しているクリニックでは、2つのセミナーが開催されていました。

  • 不妊のセミナー(⇒今回受講したのはコチラのセミナー)
  • 体外受精のセミナー

同日に体外受精のセミナーも開催されておりましたが、この時は参加しませんでした。

もちろん、この1回では不妊治療のすべてを理解することは出来ませんでしたが、『今後はどういう治療をしていくのか』というビジョンをぼんやりと描くことが出来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました